レポート/納涼祭2018

こんにちは!
山田荘1号室のツチヤです*
レポートが大変遅くなりましたが、8/5の納涼祭について記事を書かせていただきます。

今回の納涼祭の目的は、

体の中に様々な形で『涼』を取り入れる。を考える。

がテーマでした。
大きな氷を眺め、氷が溶けないように考えてみる、アプローチしてみる。
氷が溶けないってどういう状態のことなんだろう?
風を当ててみる?
塩でもかけてみる?
サムいダジャレでも言ってみる?
お祈りして、溶けないようにお願いしてみる?
怪談でも聞かせてみる?

そんな風に物事の視点をちょっとだけズラして考えてみると、今まで気づかなかったものすごい発見があるかも!と思い立ち、このイベントを企画しました。
それでは、当日の様子を少しだけ紹介させていただきます。


照りつける日差しの中、くすのき荘の納涼祭は流しそうめんと共に幕を開けました。
子供も大人も大はしゃぎで竹を囲んでワイワイ。
好奇心が旺盛な子は、真ん中の氷に興味津々。
触ったり眺めたり、気持ちい〜〜と、プールに足を突っ込んでみたり。
竹の上ではそうめんがサラサラ。
プチトマトや冷やし中華もどんぶらこっこ。

R1241865.JPG

IMG_0121.JPG

IMG_0105.JPG
大きい氷はなんとも涼やか

流しそうめんの横では、メンバーの仁くんによる、シルクスクリーンTシャツ作りを行いました。


IMG_3100.jpeg
IMG_3115.jpeg
プロのイラストレーターの方のデザインも!

『涼』にちなんだイラストがたくさん。
版刷りした後のTシャツたちが太陽の光を浴びて、乾いてないインクはキラキラと反射していました。
Tシャツは今後も販売していく?みたいなので、気になる方は是非お声がけください**



山田荘では、舞台美術家の中村友美さんによるお化け屋敷。
上池袋にいる、お茶あがれ地蔵を題材にした怖〜い空間が。
お茶あがれ〜と押入れの中には白い手がたくさん。
風鈴の音が山田荘に静かに響く・・。
昼間でも部屋の中は真っ暗で、子供達は一人で入ることができないくらい震え上がっていました。
気になる方は『お茶あがれ地蔵 上池袋』で調べてみてくださいね*
(残念ながら写真の記録がありません!ごめんなさい。。)

R1241876.JPG
夜の部まで少し休憩


夜は二階で私ツチヤによるスナック&太極拳ミヤマさんによる占いナイトを開催。
飲み足りないオトナたちでしっぽりと呑んだくれ、
一階ではホラー上映を行い、生き生きとしたゾンビを見届けました。笑

最後は木賃らしくゆるりとフェードアウト。
夏の暑い日をみんなで少しでも『涼』を取り入れて、物事の視点をちょっと面白く帰ることができたなら嬉しいな〜と思います。

最近は涼しい風が首をくすぐり、エアコン無しの木賃ズ達は、ようやく秋を迎えた喜びを噛み締めております。
今週末10/14には『秋の収穫祭』も行いますので、ぜひ足をお運びください。

R1241877.JPG


この記事へのコメント