レポート/2017.4/3-9 田村香織衣装展示『Follow the sea of SKIN -肌の海を辿る-』

4月あたまに開催された、くすのき荘メンバー・田村香織さんの衣装展示。
R1240003.JPG
田村さんの頭の中(スケッチ)は押し入れに、アウトプット(衣装)はラウンジに所狭しと吊るされて、その衣装が生きる瞬間(パフォーマンス)が立ち現れるという、衣装の始まりからゴールまでのすべてを目の当たりにできるという、豪華な日々となりました。
衣装は、基本的に納品されたら作家の手元には残らないもの。それを空間が埋まるくらいパフォーマーさんから借りることが出来たのもご本人の人徳だと思います。
IMG_8378.JPG
そして、ぜひご覧いただきたいのがこちら。
自身も映像作品を作られる野本直輝さんによる記録映像で展覧会の一部始終を見ることができます。
人の息遣い、パフォーマーさんが作り出す空気、田村さんの手が、本当に美しい。

----
ご本人のコメント
(田村さんのブログより一部引用)
毎日の出来事が、シャワーように降り注いで私自身まだ受け止め切れておらず、うまく言葉にできないのですが腹のくくり、とはこういことかな、と随所に感じております。
そして常に腹くくって舞台に、人前に、心身ともにさらし立ち続けている表現者の皆様に改めて畏敬の念が沸いております。
その皆様が纏う衣装を作ることについて、これを機により謙虚に臨みたいと思っています。
----
R1240015.JPG

R1240009.JPG

IMG_8408.JPG

IMG_8418.JPG

R1240046.JPG
****************************
田村香織衣装展示 Follow the sea of SKIN -肌の海を辿る-

コンテンポラリーダンスの衣装を中心に、サーカス、パントマイム、カフェのユニフォームまで一点ものの衣服や小物を制作する田村香織の制作した品々を展示します。
「身体と動きの魅力」から出発した造形と、パタンナーとしての技術を生かし『着る人を引き立たせ、心を晴れにする「HAReGI」』は、これまでに横浜ダンスコレクションをはじめ国内外のコンペティションやフェスティバルの招聘作品で着用されてきました。
今回は田村が所属しているシェアアトリエ「くすのき荘」にて実際に着用した衣装、公演写真、映像、衣装を再解釈したパフォーマンスで多角的に「衣装」を提示します。

【日程】2017年4月3日(月)~4月9日(日)
【時間】11:00~19:30(日によって異なるので、詳細は追ってお知らせいたします。)
【パフォーマンス】※順不同
 青柳ひづる
 金子しんぺい
 西山友貴・飯森沙百合×にしもとひろこ(たゆたう)
 ながめくらしつ(目黒陽介・安岡あこ)
 山下彩子・千田美智子
 中村蓉
 豊永洵子
 黒須育海/香取直登
 笠井晴子
 アマキオト(伊東歌織・杉本朝美)

【主催】田村香織(舞台衣装家・パタンナー)
【会場・協力】くすのき荘(かみいけ木賃文化ネットワーク)、利用メンバーの皆様
【展示監修】坂本のどか(美術作家)
【演出協力・パフォーマンス監修】外山晴菜(ワンポーズクリエイター)
【企画補助】柳スルキ
【写真撮影】前澤秀登 【映像撮影】野本直輝
【クロージングパーティー企画・調理】小笠原綾子
フライヤー0308_omote.jpg


この記事へのコメント