ハウジングアンドコミュニティ財団の助成が決定しました!

かみいけ木賃文化ネットワークは、昨年に立ち上あがり、ようやくメンバーの活動が活発になってきたり、地域へのお披露目も徐々に出来てきているところですが、さらにステップアップするべく、ハウジングアンドコミュニティ財団の助成金に応募いたしました。

その結果、2017年の助成対象として選んでいただきました!ありがとうございます!!

第25回「住まいとコミュニティづくり活動助成」
http://www.hc-zaidan.or.jp/news/view/153

この助成プログラムは、25年も続く歴史あるもので、全国津々浦々の住まいとコミュニティづくりの市民活動を応援されています。
歴史的な建築物の保存・活用やホームレス支援の取り組み、空き家の再生などなど…。
自らの住まう地域をもっと良くしよう、楽しもう!という市民初の試みにスポットが当てられています。

われわれ、かみいけ木賃文化ネットワークでは、『上池袋の木造密集地域における現代版「木賃文化」を耕すプロジェクト』と題して、「足りないものはまちを使う」実践を、地域に展開していきたいと思います。
くすのき荘を拠点に、メンバーや地域の人が家や職場などでは出来ないことの実践のサポート、新たなネットワーク物件のリサーチやツアーなどを実施する予定です。

この助成をきちんと活用させていただき、この1年で活動の種をまいていきたいと思います。

ハウジングアンドコミュニティ財団
170417-HC.jpg

この記事へのコメント